1日おきに家にいる猫ちゃんが食べる「草」を河原に取りに行きます
猫ちゃんもやはり新鮮な「草」が美味しいようで、2日目になると
草の前で悩んでしまいます。
数週間前までは、探さないと美味しそうな草がなかったのですが
ここ数日は青々とした草がたくさん出てきて、苦労せず草をもらえるようになりました。春になって芽を出した「草」には申し訳ないのですが。

来週から発表会シーズンが少しづつ始まります。
コロナ渦ですから本当にスローペースですが、プログラムを送っていただき
演目を確認したり、昨年のデータを振り返ってみたり。
少しづつ準備です。
「春が近づいているなあ」と感じて、このような状況下でも
先が少し明るく見えてきて、気持ちに小さな喜びが芽生えます。
わけもなく「嬉しいな」という気持ちになったり。

レッスンも週に1回だけ、スタジオレッスンに戻れるかなと少し期待をしています。一緒に踊るお友達にはずっと迷惑をかけていますし。
それでもリモートレッスンに付き合ってくれるお友達には本当に感謝しかなく、
「来週もね!」と言ってくれるその言葉に涙がでそうです。

自粛生活は孤独だと思います。春はもっと孤独だった気がします。
もともとそんなに外に出かける方ではないので、大きな苦労はないのですが
「繋がり」が薄くなっていき、気づくと「孤」になっていたりするので。
家族や友人のことも、気をつけてよく周りをみてないと
どこかに「孤」になってしまっている人がいるかもしれない。
少しの「繋がり」でどれだけ心が救われるか、私もお友達がしてくれているように、周りの人たちもっと関わっていかないと、と思いました。



今年は発表会の日程が重なってしまうことが多くて
みなさんにご迷惑をおかけしてしまい、申し訳ありません。
できるかぎりお手伝いをさせていただきたいのですが
ごめんなさい、お答えできないことも多々あり心苦しく思います。

発表会これから!を迎えるお教室さま。
心の中で応援をしています。素敵な1日となりますように!