3分52秒から第2バリエーションが始まります



5月の発表会。バリエーションは「パキータ パドトロワ 第2Va.」を
踊らせていただく予定で準備を進めています。

早い脚の動きや細かなパが続くことや、難しいことはこの上ないのですが
今自宅で練習を続けていると、体の向きの少しの違いで
まったく別の振りになってしまうことに気がつき始めました。
もちろん、自粛前のレッスンでは「足は真横!」「今はエカルテだよね?!」とか。体の向き肩の向きや角度、足が安定してできないと
これはなかなか上にまでたどり着けない、と昨日の自習でできなさ加減に呆然としてしまう始末。
(早く自粛生活が終わってスタジオで見ていただかないと間に合わなくなっちゃう!)

オンラインレッスンで見ていただいている先生に、「ゆりちゃん!足は耳の横に引っ張るよ!耳の横!」と。
モニター越しに、ずきんと私の「図星の図星」に突き刺さる有難いアドバイスがすっ飛んできます。
すべてのアドバイスが「確実」であるので、図星図星で体が硬くなってしまう。
先生のオンラインレッスンで教えていただいたことは、この期間の宝の言葉たち。欲張って「一つ残らず身につけたい!」という思いでいっぱいです。

パドドロワ第2バリエーションは、いつか踊りたいな、と思っていた曲で
心の中に温めておいてました。
バリエーションとして単体1曲で踊ることは、撮影でもなかなか見る機会もないですし写真で撮っている経験が豊富にあると踊れてしまったりするのですが、
撮影した数もそれほど多くないバリエーションですので、曲と振りがまだ少し染み込んでいない感じ。
それでもずっと踊りたいな、と思っていた1曲。
今回挑戦することができてとても嬉しいのです。

「完ぺき!」と思ってできたことはとても気持ちがよく
逆で「完ぺき!」でないことにとても嫌な気持ちになります。
できれば「完ぺき」を目指していきたいのですが、2ヶ月近くのタイムロスが出てしまうので、「完ぺき!」でなかったらどうしよう、と心配になります。
しかし、そうでなかったら「引き続き、完ぺきになるまで練習をすればよいことだ」という、とても簡単な答えが見つかりました。

先生はどんな衣装と頭飾りをを選んでくださったのだろう?
いつもはあまり写真を買わないのですが、今回は素敵に写真に撮ってもらって
写真をたくさん買いたいな、と思ってます。

完ぺきにできなかったら、また続けて練習するのも楽しみだな♩