先週のクリスマスイヴの「イヴイヴ」の日に、1月の勉強会の衣装をいただきました。
9月のコンクールで着させていただいたものと似たデザインですが
色味が違ったり、エプロンの形が違ったり。
今回も先生がチョイスしてくださった、ありがたいかわいい衣装を着れて嬉しいのです。

今年の3月から練習をしている「リーズのバリエーション」も
1月の勉強会で一度終わりです。
先生に聞くと
「最初はどうなることかと思った笑」と
正直にお話ししてくださいました。
「先生、私もです。どうしようかと思いました笑」と。

それでも週に2~3回と練習を続けてくると
「一応」なんとなくは仕上がってきて
まだ40%くらいしか出来上がってはいないけれど
それでも40%にまで出来上がってきたことが
最近とても嬉しいのです。
途中、本当に嫌いになりかけたバリエーションですが
ここまで長く踊り続けたのは初めてのことですし
やはりもう終わりになってしまうのは少し寂しい気がします。

3月からですから、10ヶ月くらいずーーっと。
同じところを同じ注意を受けてきているのですが(すみません)
昨日、その言葉の意味がようやく体で感じることができました。
友人に撮ってもらった動画を振り返りながら、先生の言葉を思い出すと
「あ!そういうこと!?」と。
なぜ理解をして体に落とすまでにこんなにも時間がかかるのでしょう。。
お正月が明けて、約2週間ですから。
ひとつでもクリアにして勉強会を迎えたいな、と思います。

今年は年末の撮影が早くに終わり、今年を振り返る時間がありました。
始まりの1月から思い返し、今年はアップアップにならないように。と気をつけたこと。
周りの人に少し頼って、自分の時間も持ちかながらひとつひとつを大切に仕上げようと決めたこと。
「バレエを撮りたい」と言ってくれたカメラマンさんと初めてご一緒させていただいたこと。
熱心にポーズを研究して、素早くポーズをつけてくれるポーズ付けの先生。
舞台袖に入って、本当にキラキラとした写真を撮ってきてくれる女性カメラマンさん。
いつも的確に撮影サポートをしてくれる男性カメラマンさん。

普段一人で仕事をすることが多い中、今年はいろんな人たちにサポートいただいて
繁忙期も少しのゆとりを持ちながら乗り越えることができたこと。
本当に感謝です。周りにいてくれたから、自分勝手にコンクールにも挑戦することができ
レッスンにも大きく休みを取ることなく通うことができました。

お教室の先生方にも、現場では気持ち良くお声がけいただきお気遣いをいただき
気持ち良くお仕事をさせていただきました。
親御様にはたくさん写真を買っていただき、嬉しいお言葉もたくさんいただきました。
そういった関わりやお言葉が本当に励みとやる気に変わって
また次に向かっていくパワーをいただいております。
そして次にまたご一緒できる楽しみにもなり、「またそこまで頑張ろう」という目標にもなります。

先日、友人と。
「この年齢になると欲しいのはお金とかものとかではなくて。
体力とか筋力とか、お金では買えないものが欲しいな、って思うよね」
なんて話をしていました。
いつまでも撮り続けて喜んでいただくには、体を整えるしか方法はないですから
小さな努力をコツコツと、この体をキープし続けていきたいなと。(お正月、食べ過ぎないように!)

冷静で大人であることは素敵。憧れです。
いろいろな憧れを抱きながら、嬉しく年越しをしたいと思います。

お世話になりました皆様に、こころより感謝申しあげます。
穏やかに新しい年をお迎えくださいませ。