先日の発表会での舞台袖のひとこまです。
マスクをつけて、他のおともだちのリハーサルの様子を見ています。
「ドキドキ」しながら。
その「ドキドキ」がこちらにも痛いほど伝わってきます。
舞台の緊張感、どんな時であっても変わらないですね。

終演後、先生が「私たちは舞台に立ちつづけなければいけない」と
生徒さんにお話をされていました。
この時期の開催を本当に悩まれたそうで、本当に万全の態勢で
縮小版ながらもすてきな発表会を開催されていらっしゃいました。
「10回のレッスンよりも、1回の舞台を」と。
どこかのバレエ学校の先生の言葉を思い出します。
「舞台」というものの存在の大きさ、大切さを感じされられました。

私がお世話になっているお教室も、本当はこの秋が発表会の時期でした。
今回は、春に「勉強会」をとして、ちいさな舞台をやります!と
先週、先生がお話しくださいました。
「舞台をやります! 舞台はやらなくてはいけないと思うから」
大好きな先生も、そうやってお話しされるので
そんな思いにちょっと涙がでてしまいます。
そして「舞台をやります!」と言われた途端に
お腹のあたりが「ぎゅ〜!」となるのです。
楽しみと不安と、大きな楽しみと。

小さくても、時間が短くても、お客様が少なくても。
メイクがなくても衣装がなくても、セットがなくても
「舞台」は「舞台」です。そんな風に最近感じます。
何もなくても、舞台に立っている大人の方も子供達も
本当に楽しそうで、それを客席から見ているご家族も先生方も
みんな笑顔です。小さなお花を抱えて、お父さんが涙をぬぐう姿もあります。
どうしてこんなにも心揺さぶられるのでしょうか。

舞台芸術が、どんな状況下にあっても人間にとってとても重要で
豊かな心をもたらしてくれること。幸せにさせてくれること。
世の中が変わっても
舞台は、どうかずっと変わることなく続いていってほしい、と願います。