先日、踊らせていただいた発表会で。
私の後ろのホリゾントの色とかスポットが入っていたとか。
さっぱり覚えていないのです。
覚えているのは2袖との横にあるライトと、1袖と2袖の間に入らなかきゃということ。
そのくらい記憶があまりにも薄いのです。

ゴールデンウィークに撮影をさせていただいた、あるお教室様の発表会。
リハーサルが午後からでしたので、空いた時間舞台が仕上がっていくのを見ていました。
照明さんがサスの場所を調整したり、スポットの動きを確認したり。
そして、今日のホリゾントはやけに華やか。
照明さんの調整がその日は本当に長い時間続いていました。
「今日の照明は難しいかも。。」少し心配。

撮影をしている時は、本当に狭い視野の中で舞台を追っています。
その中に「ぎゅ〜!」と情報が詰まっていて。
色、明るさ、動き、見えていない部分の動きそうな予感、左側からそろそろ入ってくるであろう、とか。
舞台上のダンサーさんだけを見ていれば、さほど大変なことではないのですが
1曲の中に、何度も照明や色変わり、小さなファインダーの中でそれに気づくと
やらなければいけないことが一気に増えます。
暗い部分を明るくするだけでなく、この暗さで舞台袖近くのダンサーさんが見えているのかしら?とか。
急に真っ青になって「このピンクの衣装は何色に見えてるのかしら?」とか。

あくまで基準は「目に見えているままを忠実に記録する」なので、おかしな色を足し引きはしないようにしているのですが
例えば、金平糖の淡いピンクの衣装の、そのピンクが感じられないような照明効果になってしまうと
少しだけでも「淡いピンク」を感じられるように、写真はあとで調整をします。
やはり、金平糖だから品のいいピンクがいいかな、と思ったりするので。

舞台で踊っている人は、きっとホリの色もセットに当たる照明効果も。
舞台上にいるときには気づいていないんだな、と自分が舞台に立って今回気づきました。
だとしたら、かなり忠実に照明さんの技術をスチールに残してあげないと、と思いました。
その「今日の照明は難しいかも。。」の日。
予感は的中で、とても複雑な照明効果でした。
「え〜ん!」と思いながら、必死で撮影をするのですが
家に帰ってデータをチェックすると、ちょっとあり得ないくらいに美しい舞台照明なのです。
「これ、踊っている人は全く気づいていないのよね??」と思い返し。
責任重大。照明効果も忠実に、衣装の色も肌の色もできるだけ忠実に。
ひとつひとつ、絵を描くように仕上げてみました。

何度も何度も照明チェックをしていた方は、少し年配の女性でした。
「かっこいいな」と思って見ていたのですが、お話しさせていただいたらよかったです。
その日は舞台監督さんも女性で、とても話しやすくて関わりやすくて。
女性大活躍の舞台裏だったようです。
また、どこかの現場でご一緒させていただけるといいな。

出番待ちの猫ちゃんです。
監督のように、ず〜っと袖で仁王立ちしていてかわいらしかった!