散歩に出て大雨に降られ、頼まれたお弁当をびっしょりにして持ち帰ってしまいました。
傘は持っていたのでちゃんと傘をさしていたのですが、工場の猫ちゃんや珍しいカタツムリに気をとられ
お弁当を雨から守ることをすっかり忘れていました。
でも、雨でも楽しく散歩ができることを覚えて。長引きそうな梅雨も楽しめそうです。

「もう少し色幅を増やせたらな」とか「もうちょっと鮮やかに見せることができたらな」とか。
写真に対しての「小さな欲」
背景のドロップも、キャンディボンボンの時にもう少し鮮やかに表現できたら
子供たちももっと生き生き見えるんじゃないかな、とか。そういう自分だけの「小さな欲」
ブルー照明がもっと深いブルーに見えたら、夜の湖はもっと深い表現ができるんじゃないかな、とか。
「もっと」とか「もう少し」と、しばらく抱えていた「小さな欲」が背中を押してくれ
新しいカメラを購入することを決めました。
その「小さな欲」は独りよがりかもしれないけれど、どこかでお客様に届くはずだから。
今できる「小さなこと」に、気持ちを寄せてみました。
まだまだ長く長く写真を撮っていくのですから。気持ちよく「小さな欲」を満たしたいな、と思います。

昨年の緊急事態宣言時、「何もできない自分」が本当に嫌になりました。
健康で元気なのに何もできない、ということ。それは2回目の緊急事態宣言時は大きな悩みとなり
かなり気持ちもやられてしまい、引きこもりがちになってしまいました。
今、3回目。変わらず「何もできない」のですが、今自分にできることがあるとすれば
この状況が解消され、平和な日常が戻った時。
大切な人や友人、家族に喜んでもらえることを「今、準備」をすること。
今回のように、機材を準備してよりよい写真が撮れるように整えておくこと。
例えばお料理の腕を上げておくことだったり、振り付けをいくつか頭に入れておくことだったり。
「次にその時が来た時」。その時に役に立てるように準備をしておこう、と
3回目でようやく「今、自分は何をすべきか」わかってきました。

先を考えて心配事を増やすよりも、今自分のやるべきことを。
それはくだらなくてもよくて、それをやることで少しでも気持ちが先の希望へ繋がるのであれば
とても価値のある「貯金」だな、と思います。
先には希望しかないのだから。

スタイル抜群の友人には「ガムザッティのバリエーション」を勧め。
私はもう一度「フェアリードール」に戻ることにしました。
パッセをきちんと美しくつけることとか、本当に美しい形のアラベスクとか。
たくさんの振りがない踊りだからこそ、
限られた振りをひとつひとつ拘ってやり直したいな、と思います。
丁寧に大切に想いながら。