リハーサルはカメラマンが2人以上いる場合、舞台袖からのお写真を撮影させていただくことが多いです。監督さんと相談をしながら邪魔にならないように動きますが、サイドの照明効果などもあってとても「臨場感」溢れるお写真が撮れます。

なんといっても客席よりもダンサーさんに近い距離での撮影になるので、真剣な表情に汗がにじむ姿なんてところはとにかくシャッターチャンス!「美しい!」の一言です。

袖からのお写真はリハーサルですので本番では撮れない表情を狙ったカット。また袖中での緊張した表情の出待ちシーンなど。「舞台袖」ならではのシーンだと想います。

本番は客席中央、と前方からの撮影になり「舞台をきちんと撮影する」と真っ正面から向かいますがリハーサルは少し違った角度からのシーンを残してみてはいかがでしょうか??