2ヶ月強お休みをしていたレッスン。
6月より再開をして2週目にはいりました。
少しづつ勘を取り戻してはいますが、脳みその衰えに驚きます。
先週はパの順を覚えることで必死でした。
先生に「脳の退化がすごいかも」とお話しすると
先生「ね!」とおっしゃっていました笑。
よく見ていてくださる。。笑

できなくなってしまったことが多く、先週は悔しいやら悲しいやらでした。
シャンプの感覚が抜けてしまったり、ピルエットの感覚もずれてしまったような。
自宅ではバーと少しのポワントだけで、センターレッスンは皆無でしたので
センターで動くことの難しさ、体幹の弱さ、動きの硬さを痛感です。

アダジオ、「ドゥバン〜パッセ〜アラセゴン〜デリエール」と
流れたい!のですが、アラセゴンからデリエールへ流れるとき。
アンドゥオールはスコン!と抜けてしまい、お尻が割れてしまいます。
気をつけたいところなので、ものすごーく意識をして
本当に気をつけて慎重に流すのですが、ある瞬間に、スコン、と抜けます。
「ゆりさん!もう一回!」と先生が近づいてきて
骨盤をぐいっ!と、アラセゴンの足を「ココ!!かかと前!!」とおっしゃって
「グイグイ!」と正しい位置に持って行ってくれます。
先生のサポートがあって、「少し」正しい道を通れたような気がしますが
サポートなしでもう一度やると、う〜ん。ぎりぎりのところで
抜けてしまう感じです。

センターレッスン、アレグロも追いつけない。
ジャンプもつま先が伸びず、バテてしまう。
ワルツでは順番を覚えることでも精いっぱい。
ガタガタです。
そうとうのお休みをしてしまったので、もうこれは当然のこと。
少しづつ、取り戻していくしか道はありませんから。

ご近所さんから餃子のおすそわけ。
忙しいときに本当にとってもありがたい♡
お礼に芍薬をプレゼント。
暑くなってきたから、命は短し、かもしれません。

例年ですと、6月は命のつどいコンサートや、夏の発表会のプログラム撮影をさせていただいている時期ですが、今年はその楽しみもお預けです。
この時期にスタジオにお邪魔をさせていただき、子供達のプログラム写真を撮るのは夏前の楽しみ。

子供達は少し日焼けし始め、照明をあてると小麦色のおでこが「ツヤツヤ」と光ります。「子どもって綺麗だなあ」と、つやつやの肌を羨むのです。
体をクロワゼに入れ、首を長くして、「ニコ!」と笑います。
先生にはとってもかわいく「ニコッ!」とされるのですが
カメラマンには緊張をして固めの「ニコ!」になってしまいます。
こればかりは、どこへ行っても先生にはかなわないのです^^
子供達、元気にレッスンができているといいなあ。