ポップアップ絵本のご紹介です。

「いつか きっと バレリーナ」
文・石津ちひろ   絵・田村セツコ(ひさかたチャイルド出版)

 

 

 

わかりやすいポップアップ絵本ですので
小さなお子さんにも、バレエを身近に楽しめるような
内容になっています。

バレエのポーズを(プリエやアラベスク、パドドゥのリフトまで!)
ポップアップで動きが見れるのが特徴なのですが
絵本なのに、本から飛び出してしまうくらい
元気よく動くので、ちょっと笑ってしまいました。


「わたし バレエがだ〜いすき」
「いちばん すきな ポーズは アラベスク
じょうずでしょ?

大きくなったらバレリーナになるの
そしたらね。。。』

と、動きを使いながら続いていきます。

 

最初はその動きの大きさに「なんてパンチのある絵本なのかしら」と
踊りきましたが、何度も見ていると
結構正確な動きに見えていて、矢印をひっぱたり引いたりしてしまいました。

この文章を書かれた「石津ちひろさん」をいう作家さんは
バレエへの造詣も深く、シルヴィ・ギエムやジュルジュ・ドンが
来日された時に、通訳も務めたそうです。
先日、ご紹介をした「バレエのおけいこ」でも
石津さんのバレエの知識が生かされ、おけいこの流れや
先生の言葉、ポーズの正確さにもこだわって作られたそう。
(猫の「ミイさん」のアラベスクのアンドゥオール感が美しい!)

昨日、スタジオの先生がメールをくださいました。
「百合さん、ストレッチ筋トレしている?」と。
一応、毎日ストレッチ筋トレと簡単なバーレッスンはしていたので
そのことを先生に伝えると
「心が離れていなくて安心した。今だからこそ美しいものに触れて」と
温かなお返事をいただきました。
レッスンに行けない日々で、そう心に思ってくださったことが本当に嬉しかったですし
「自主トレ、がんばらなきゃ」と思い直しました。

心は離れてしまうのは簡単で、どうやって心の状態をいつもと変わらずキープし続けるか?
と悩んだ数日もあったのですが。
できていた日々と変わらず、モニター越しにでもバレエの写真を撮り、後処理をして
時間を決めて下手でもなんでも音楽を聴いてレッスンをする、という。
変わらずにやり続けることしか道はないな、と気づきました。
あとは、スタジオのお友達と連絡をとること。仲間の声は本当に励みになります。

まだこの生活は始まったばかりですから。
焦らず、変わらない日々を送っていこうと思います。

首都圏の先生方、関西圏の先生方。
感染者が増えておりますから、どうかお気をつけてください!