先日、友人が「補助金」について教えてくれましたので
ここでご紹介をさせていただきたいと思います。
写真、舞台に関わる方のためのお役に立てるといいです。

文化庁 「文化芸術活動の継続支援事業」

舞台に関わる方への補助金の情報です。
ダンサーさんはもちろん、舞台関連の技術の方、舞台写真の人間も該当のようです。
https://keizokushien.ntj.jac.go.jp/

コロナウィルスの影響で、舞台がなくなってしまったため
これから、次の舞台に向けての準備をするための経費の支援。
オンラインレッスンを導入するための、機材等にかかる経費の支援。
舞台を借りるため、練習場所を確保するための費用の支援等。

2月26日から10月31日までにかかる、経費を一部補助していただけます。
こちらは私もまだ申請したばかりで、審査に通るかわからないのですが
2月26日から10月31日までにかかる、人件費、交通費、消耗品代等。
今現在に見えている、必要経費を一覧にし、昨年の経費内訳と合わせて
提出をしました。
(本当は「事業計画書」のようなものが良いみたいです)

これから「舞台」を作られる方は、見込みでも必要経費を一覧にして
出しておくと申請ができるかもしれません。
もちろん、過去の経費も合わせて計上できますので帳簿整理をかねて
出してみるのもおすすめです。

こちら、お電話がなかなか繋がりません。
募集案内がとても細かく、申請のハードルはちょっと高いのですが
今の時期、補助をしていただけるのはありがたいですので
ぜひチャレンジしてみてください。

そろそろ梅雨明けでしょうか?
長かった今年の梅雨。九州での豪雨の大きな被害。
合わせてコロナウィルス。そして暑い夏がやってきます。

外出時のマスクは必要ですが、人の量に応じて少し外すことも。
先日、撮影で千葉まで行った時、長い電車移動の「マスク」は本当にしんどいな、と思いました。
出入り口に立ち、ドアが開くたびに少しだけ外の空気を取り入れたりしながら
移動をしました。

レッスン中のマスクも、本当に苦しいです。
のぼせてしまうこともあり、水筒のお水がすぐになくなります。
高山でレッスンをしているような空気の薄さ。
けれど、高山でレッスンをしているように体力がつくか?というと
それは別の話だそうで。。
こちらも、とにかく無理ないように、蜜を避けながら楽しくレッスンを。

昨夜は友人と2時間半も電話でおしゃべり。
家族以外の人とおしゃべりする機会も減ってしまいましたから
「え〜っとなんだっけ。あれ!あれだよ!」なんて
伝えたい言葉がでないこともあったりして笑。
これからはまめに「おしゃべり」しなくっちゃ、と思いました。

毎日、できることをただやるだけです。
その日にできること、を一生懸命にやって、あまり先は考えないこと。
この状況でも、少しだけでも写真に舞台に関わることができること。
それを嬉しいと思いながら、気をつけて過ごしていこうと思います。