友人からもらった「檸檬」をジャムにしながらニュースを見ていました。
週末から2度目の緊急事態宣言。
それは想像もしていたし、そうしなくてはダメになってしまうと思っていたので
少しほっとしたような、自粛期間をどう過ごそうか、と考えてみたり。

ジャムが煮詰まってきていい香りがして、焦げ付かないように気をつけながら
かき混ぜます。ちょっと試食をすると皮が固かったみたい。
きっとお湯で割ったら美味しいな、パンにも塗ってみようと明日の朝が楽しみになります。

夜の20時以降の外出自粛の要請、とのことだそうですが
私は自営ですし仕事上責任もありますから、やはりお昼も夜もきっちりと
自粛をしようと思います。
1ヶ月ほどまたレッスンをお休みしなければいけませんが、今回は春の緊急事態宣言と違い、数少なくてもお仕事があります。
外に出るのは気をつけなくてはいけませんが、お仕事がある、と言うことだけで
本当に気持ちが救われありがたいと思うのです。

春の緊急事態宣言の自粛期間は「孤独」と「なにもできないこと」と
やはり気持ちが辛い期間でした。
お仕事があって、オンラインレッスンを受けれるかも、という選択もできて
それだけで本当にありがたいと思えます。

医療関係の方たち、観光業の方たち、飲食店の方々。
様々な業種の方が大変な思いをされているこの約1年ですが
動けない時には動かない、動けるようになったら目一杯世の中のために
動けばいい、と大切にしている本に書いてあり
この一文を春に読んだ時、とても心が救われました。
できるようになったら一生懸命に返していけばいいんだな、と。
(きっとそんな単純なことでは解決はしないと思うのですが)

自粛するもしないも、例えばGOTOを利用するもしないも
国や何かの責任ではなく、自分が正しく判断をすれば良い事で
そのことで誰かを責めたり不平不満を言ったりするのは違うと思うのです。
今自分が何かひとつを行うことで、少しでも世の中が良い方向へと向かうなら、と「自分」ではなく「誰かのために」と判断できる心でいたいと思います。

友人からもらった「檸檬」は少し固めの甘いジャムに仕上がりました。
ジャムを目指して煮詰める時に、取り出した「種」をお茶パックにいれて
10分ほど一緒に煮込むのです。
「種」に一体どんな力があるのかわからないのですが
友人が大事に育てた「檸檬」を残すことなく大事にジャムに仕上げられた、というところに、今日は満足です。

春に買いそびれてしまった家庭用バーを買おうかな。
(リノリウムは春に買ったのです^^)