今日は、チャリティーコンサートの撮影にお伺いしています。
本来であれば、翌週の土曜日に会場を1日借りて発表会を開催される予定でした。
しかし、「ワクチン摂取のための会場」と指定をされてしまい
急遽、強制的にキャンセルとなってしまいました。
先生が練習を積んできた生徒さんたちのため、急遽、チャリティーコンサートへ
エントリーをされたそうです。

本来の会場を借りての発表会でしたら、楽屋での写真やポーズ写真、
集合写真も撮れたのに、チャリティー合同のコンサートでは
撮れるシーンが限られてしまいます。
せっかく衣装を着てお化粧もするのに、数分の出番のみでは寂しいな、
と思い。
前日にスタジオにお伺いをさせていただき、ポーズ写真を撮影。
今日当日も会場近くにスペースを借り、そちらでも写真が撮れるように準備をしています。

終演後、少しでもスナップが撮れたらと思っているのですが
そこは会場の方と相談で(やはりコロナ対策が一番ですから!)。
でも、ちょっとでも終わった時の笑顔が撮れたらいいのにな、と思い
私自身も、あまり予測のできない動きに今からドキドキしています。

先日お伺いをさせていただいた発表会では
メイクを広いロビーでされていましたので、メイクやウオーミングアップのシーンも残すことができました。
子供たちのメイクシーンは本当にかわいいですから!

このような日常でも、できるだけ「変わらない日常」で撮れるシーンを
できる範囲撮ってあげられたら、と思います。
写真だけでもせめて、きちんとたくさん残してあげられたら!