夏のシーズンの撮影も、残り数件になってきました。
私はそうでも、これから発表会を迎える人たちにとっては
まだまだ夏真っ盛りですね。
暑さにコロナに気をつけて、笑顔で本番を迎えていただきたいな、と思います。

夏の始まりには少し体調を崩してしまい、いただいた衣装も
(ゆるくはないけど笑)ちょっとづつ詰めていく日々。
食べているけど身につかない、そんな状況で心配でしたが
(自分の踊る)発表会が終わると、しっかりすぎるくらいに食べられるようになり
食べ過ぎbぉ気をつけなくちゃ、くらいの勢いです。
何かのプレッシャーだったのでしょうか。。

日々の発表会の撮影は、どこへ伺っても美しい舞台。
素敵に演出してくださる、舞台さんの力で
写真も本当に、一枚の絵画のように美しく仕上がります。
その美しい空間の中で踊るのですから、本当にきれいです。
こんなに素敵なことを小さい頃から習うことができて、厳しくても頑張って続けてきて。
親御さんとか先生とか、生徒さん本人はもちろん。
みんなの願いが叶う舞台になるといいな、と思いながら撮らせていただいてます。

昨日は毎年呼んでいただいている大きな発表会の撮影でした。
大人数での集合写真。泣いてしまった子を抱っこして写真に写る先生の姿。
「とにかく全員で!」という、このような状況渦だからこそ、の思いなのだろうな、と感じました。
それでも出演できなかった子もいて、それは先生や親御さんにとっては本当に悲しいことだろうなと。

誰かを恨むこともできないですから、何かしらでおやすみだった子を撮ってあげられないかな、と
考えています。一生懸命に練習したでしょうから。。

今日は久しぶりに半日ほどおやすみをいただいて、ゴロゴロとしました。
体も心もリセット。最高です。
明日の撮影も、楽しみに伺ってこよう!