カレー、お肉、すいか、きゅうり。またお肉。そして、すいか。
冬よりも夏の方が体が元気で、お肉とかお野菜とか。モリモリといただく。
すいかも大好き!
夏は少々食べても動いていれば太ることもないので、それも安心♪

時間を作ってなんとかレッスンに行くようにしてみた。
作業を進めて時間を作って、コンスタントにレッスンに行く。
あれこれと忘れていた部分を体が思い出し、昨日は少しだけ「思い通り」まではいかないけれど
少しだけ「先の見える」そんな希望ある踊り、ができたかもしれない。

昨晩録画をしていた「チェコ・スワン」を見た。
Eテレでドキュメンタリーとして放送されていて、この「チェコ・スワン」を始めて知った。

「チェコ・スワン」
http://czechswan.jp

チェコの田舎の中高女性たちが、バレエ「白鳥の湖」に挑戦をする。
お酒が好き、美味しいものが好き。そして何より明るく可愛らしい。
衣装を手作り(チュチュの中は紙おむつ!)頭にはチュールで作った大きな髪飾り。
腕にはたぶん白鳥の羽のイメージであろう、これもチュールをひらひらと泳がせて。
若いプロのダンサーに指導を受けながら、みんなで白鳥の湖に挑戦をする。

こんなにも楽しい時間が人生の後半にあるのならば、年齢を重ねることも楽しみになってくる。
膝や腰が痛くなったりなんかして、思うように踊れなくなったら
こんな風に「バレリーナ」として楽しむ人生、とても素敵だな、と思う。
年を重ねることは、楽しく豊かだな、と感じさせられた。

先日の撮影。
照明はブルー基調で、いつもよりも1000K近く色温度が高い。
「え?!」と思いながら調整をしていて、自分の目が確かに色を捉えているのかちょっと心配になってしまう。
舞台の上やサイドを見てみると、やはりブルーのライトがずらりと並んでいるので
間違っていないだろう、と安心。
そのままの色温度で「眠りの森の美女」まで。

とても美しい照明だった。
一緒に行ってくれたもう一人のカメラマンさんとも
「照明が美しいねえ!」と話しながらうっとりとした。
そんな中で、みんな生き生きと踊るのだから
美しすぎてドキドキしてくる。

後日、先生にお礼のご連絡をすると
「みんな笑顔で袖に帰ってきてくれた」と。
素敵なエピソードを教えていただいた。

舞台はいいなあ、と改めて思う。
お声かけていただいて本当にありがたい、と思う。

もう一息でお盆やすみ。
私は休みはなく作業をしてますが
お教室がみなさんお盆休みに入るそうですので
お写真のお届けはお盆明けにさせていただきました。
少し、腰を落ち着けて作業に没頭できそうです。
お盆明けにお写真完成させてお届けいたしますので
しばらくお時間ください。