今週末の発表会の撮影。
3つのレンズ選びにまよい、「なにを優先しようかしら。。」と、思案中です。

①一人で舞台を撮影するため、②スピード感のありそうなプログラムのため、③会場が900人キャパの大きめのホールのため。

過去の撮影であまりこういうパターンが揃ってことはなかったので、
通常ですと「80mm〜400mm」、「120mm〜300mm」、と全景カメラの2台で行くのですが
「スピード感」と「一人での撮影」というところで
昨日、テレコンバーターを購入しました。

以前、400mmのレンズを使っていた時に、タイミングニアミス!の感じが少しあって
体と機材があってない不調が続き、手放しました。
手放して代わりに購入したのが、120mm〜300mmのレンズ。
ズームリングが逆のため、かなり苦労をしましたが、小さな手にもフィットするようグリップもつけて
このレンズは結構なお気にいり。タイミングもばっちりです。
難点は、引きが120mmというところ。
舞台間口ぎりぎりになってしまうことがあって、その分、全景で切らなくてはいけなくなってしまいます。

昨年購入したのが、80mm〜400mm のレンズ。
圧倒的に使いづらい三脚座を買い換え、「さあ撮るぞ〜!」意気込んでかまえたのもつかのま。
雲台と三脚座の接点が、微妙にボディ側についているので
ボディを支える右手にずいぶんと負荷がかかります。
一番こまわりがきいていいレンズなのですが、そのあたりとても神経質なので、もう少しベストな状態で撮りたい、と思うのです。

そこで、手になじみより小回りがきいて、タイミングも逃さない馴染みあるレンズ、70mm〜200mmに1.7倍のテレコンをつけて
クロップをして撮ってみよう、というのが今週末の舞台。
今回の優先は「タイミング、スピード、シーンの多さ」を重視して撮影をしようと思います。

前日のリハで、照明をみてもう一度考えますが。
一応、全部持って行って「どのレンズが舞台に相性がいいかしら?」を決めてきたいと思います。

テレコンバーターには、ちょっとテンションがあがりました!
丁寧にそーっとセットして、覗いてみると「おお!?」なんて、軽いレンズにそぐわない向こうの見え方にびっくり。
リハで舞台を覗くのが今から楽しみです。

週末までは大寒波到来。
もう一度、雪でも降ってしまったら作戦は練り直し。
それでも、いただいたプログラムを眺めているとワクワクが止まりません。

こどもたち、無事にステージに立つことができますように!

*クッキーに写真を転写する、という技術を学んできました。シーズンオフにしばらく追求をして、また形になったらおしらせします。
IMG_2586