先日、10月にオープンしたバレエスタジオさまのHP用のスタジオ撮影に伺ってきました。
ひろ〜〜いスタジオにびっくり。あちこち先生の心遣いが配慮された設備にもびっくりでした。

広い大きなスタジオをオープンしたことで、今年の合宿はスタジオでされるそう。
スタジオに布団を敷き、食事は屋上で、お風呂は近くの銭湯へ、と。
そんなお話しを伺っていると私までワクワクとしてしまいます。
昼間のレッスンでの厳しい表情と、仲間たちとリラックスして笑っている顔と。
想像するだけで、目の前にいるのを見ているかのように、楽しくなってきます。
学校でなく、部活でもない
「バレエ合宿」。

昨年の夏に、東京の施設へ、その「バレエ合宿」の撮影に伺ってきました。
本番2週間前でしたので、慌ててプログラム写真の撮影も兼ねて。
レッスン風景、通し稽古、夏の空の下でみんなで撮った集合写真。
1日でたっぷりと撮らせていただき、とてもいい時間を一緒に過ごさせていただいた大事な思い出です。
通し稽古も見ることができたので、私も本番までに振りを頭に入れることができて本番に向けて一緒に準備ができた!という感じでしょうか。
普段は写真に撮ることもない、レッスンの風景も。思い出の一コマです。

0070 のコピー

0304

バレエ合宿やプログラム用の写真撮影のみでも、お伺いできますので
お気軽に相談くださいね。

先にお話しした、そのスタジオをオープンされた先生のちょっとした言葉が響きました。

「私、舞台に立つから、見え方にはうるさいですよ!」

この一言は、併設されたショップの内装を撮影する際に先生がお話ししてくれた言葉です。
ショップ内を撮影するのに、どこからがいいかなあ、と思って考えている時に、先生が
「上からがいいよ、上から全部が映るように撮ってほしい」と。
実は、天井が空の模様だったので私の頭には「上から撮る」という考えはあまりなかったのです。
天井の空の感じを出そうと思っていたので。
けれど、お店の方も脚立を用意してくださったので、登ってみるか、(ナンテ思いながら)登って撮ったのです。
撮ってみると、「おお!」なんて思ってしまったりして。(先生すみません笑)
先生に「いいみたい^^」と言って見ていただくと、「ね!やっぱり!」と喜んでいただきました。
そのあとの、
「見え方にはうるさいんですよ!」と。^^
清々しいくらいにすっきりと言われるので、心から納得、なんだか嬉しくなってしまいました。

「踊る」ことは、もちろん。
プロの先生は、「見せる」ことにもこだわって踊っておられるので
もしかしたら、写真を覚えたらカメラマンよりも全然素敵に撮られるかもしれない、と思うと。
撮影中も随分緊張してしまいそうですが、カメラマンは見る力がとてもあると思いますが
「見せる」となると、個人的にはちょっと首をかしげてしまいたくなるような。。

バレエの舞台は、特にスポーツなどとは違って「見せてくれる」ものなので
「見せてくれてありがとう!」の気持ちで、大事に写真に残したいな、と改めて思います。

バレエ合宿は、春休み、夏休みなど、子どもたちの学校のお休みに合わせての開催と思います。
舞台が少し忙しい時期になりますが、日程など決まりましたらお問い合わせください。
合わせて、プログラム用のお写真も必要な方は機材などの準備もありますので
早めにご連絡いただけますと嬉しいです。