バレエ発表会の撮影で「ポーズ写真もお願いします」とご依頼いただきます。
ロビーやリハーサル室に「スタジオセット」を組んで、お一人づつ衣装を着てポーズをつけて写真をお撮りします。
もちろんメイクもして、セットの前で「ニコ!パチ!」と写真を撮ります。

本番のタイムスケジュール上、ポーズ写真が難しい方、ポーズ写真が必要のない方、もたくさんいらっしゃいます。
ポーズ写真は必須ではございませんので、ご希望の時にはお声がけいただけますとありがたいです。

ポーズ写真の背景には、ムラ染めされた大きな布を使用します。
バックに大きく広げて、シワをのばし光をあてて撮影をします。
布の色は、事前にプログラムをいただいている時には生徒さんの年齢層や演目の内容などによって色をこちらでチョイスをして準備をしていきます。
また毎年撮影させていただいているお教室様には、前の年と同じ色にならないようにセレクトしたり。

それほど数多く持っているわけではないので、限界があるのですが
せっかくポーズを撮ってプロが撮るのですから、とびきり可愛く撮れるといいな、と思います。

今現在準備ができる背景の色は
薄いグレー、薄いベージュ(少し多色が入っています)、濃いめのピンク
こちらの3色の用意があります。

 

ポーズ写真をご希望の方で、希望の背景の色がありましたら早めにご連絡いただけましたらそちらの色を準備して伺いますのでご遠慮なくおっしゃってください。

ポーズ写真は、メイクアップして午前中に撮ることが多いです。
小さなお子様は、お昼ご飯を食べる前ですので口紅を塗っていないことが時々あります。
ポーズ写真撮影の時は、お母さんの口紅で構いませんので口紅に色を入れてあげてください。

また、本番用のシューズ(サテンシューズ・トゥーシューズ)での撮影をオススメいたします。
トゥーシューズを履いて踊るお姉さんたちは、トゥーシューズで立っての撮影もできますのでポーズを撮る時に、一声かけてくださいね。

その時!シューズのおリボンを!どうか今一度ご確認くださいね。
「ぴよん」と出ていると、写真になった時にとても気になると思います。
私も気にかけて撮影はしていますが、混雑してくるとなかなか気がまわらなくなってきますので
「リボン」。気をつけてくださいね。

ポーズ写真は、基本的には1人、または2人で撮るのが一番美しいと思います。
5人くらいのグループでもかわいいのですが、写真となるとどうしてもパースがついてしまって前の子が大きく、後ろの子が小さくなってしまいます。
ストロボの光も回りきらなくなってしまうこともあり、あまり素敵に仕上げてあげることができません。
気になるようでしたら3人くらいまでで撮影されることをオススメいたします。

ポーズは「やりたいポーズある??」と声をかけるようにしています。
踊りの中の好きなところ、最後のキメのポーズなどなど。
教えてもらって、そのポーズを綺麗に写真用に整えて撮ることが多いのですが
「う~ん、ない。」とお返事をいただけますと
こちらで衣装を見て「こんな感じのポーズでもいい?」と決めさせていただいてます。
できるだけ「バレエらしい」「バレエの形になった」ポーズで撮ってあげたいな、と思います。

ポーズ写真撮影があると、生徒さんも私たちも、結構忙しいのですが
スタジオセットを組んで待機していますので
「撮りたいな」と思ったら、(気が向いたら?)
どうぞ、スタジオセットのところへ遊びに来てくださいね。

あくまで「舞台」がメインですので「ポーズ写真」は「おまけ」です。
舞台で素敵に踊るところ。キラキラと踊るところ。
とても、楽しみにしています