「あともう一息、がんばろう!」
そんな声かけをしながら、友人と電話をしたり玄関先でマスク姿で励ましあったり。一変してしまった生活に少々疲れを感じ始め、少しづつ明るい兆しも見え始め、「がんばろう!」と自分に言い聞かせるように過ごしています。

発表会が延期となってしまったお教室様。
夏にも影響が出始めました。逆に考えるとレッスンができない状況で
「オンラインレッスン」で発表会の準備を進めていらっしゃる、いらっしゃったお教室さま。本当に大変なことだと思います。
プログラムの撮影も今月はできず、来月になんとかできれば、と私も待機をしておりますが、発表会の開催を目指して頑張っていらっしゃることを聞くと「何かできないか」と、なにもできないことにもどかしさを感じます。
プログラムの撮影は、スケジュール的にはいつでもかまいません。
お教室や場所のご都合、生徒さんの安全を優先に。
できそうな時にいつでもお声がけいただければ、と思います。

延期が決まったお教室さまは、これから会場を探して準備をされる、というお話を伺いました。
この春に発表会の予定で今回延期となったお教室様は、10月以降に延期を決めた方が多いです。10月から来年の1〜2月(年明けは会場が比較的空いているところもあるそうです。)その時期に、とお話をいただいてます。
 「秋には!」と、思う、私も同じ思いです。
プログラムの撮影には代金はかかりませんので、秋に予定のお教室様もご相談ください。今年は時間に余裕がありますのでお手伝いできるかなと思います。

自粛生活から少しづつ「共存」という動きもあるようで。
どちらがよいのかわかりませんが、自粛の中にも小さな楽しみはあったりして。
小さいことを「へ〜!」なんて感激しながら過ごすのも、今しかできないことかもしれません。

毎日、隣の駅まで歩いてでかけ、春までは当たり前のように通っていたスタジオを外から眺め。空いている時間のスーパーで少しだけ(本当に少しだけ)時間をかけて果物をみたり、パンのコーナーを眺めたりします。
最近の買い物は、必要なものだけをパッっと買ってすぐに出てきて手を消毒。そんな買い物でしたから、少しだけ時間をとって食材をみるのも新鮮です。
歩いての帰り道、暑くなってきたので帰り道には冷えたカフェラテをストローで飲みながら、行きよりも少しペースを落として景色を見ながら耳をすませて歩きます。それだけ。
それだけなのですが、今までにはなかったゆっくりとした生活。
ゆっくりと生きてもいいんだ、と思わせてくれます。
コンビニも、いつもは行かないコーナーを覗いてみるのもちょっと楽しいです。

この時期。本が大事です。
買っていて読んでいなかった本。
「バレエ語辞典」 表紙のイラストがかわいらしくて購入しました。
中は、50音順に「バレエ用語」がイラストとともに紹介されていて
幕ものストーリーなどもかわいく紹介されています。
「意味を知ることの大切さ」は、よくよく先生から聞いていましたので
時間のある今、少し開いてみようかなと思います。