2月に入り、プログラム用の写真撮影や発表会の撮影が少しづつスタートしました。1月は毎年シーズンオフで、前月の後処理や細々とした仕事をしていますが
春に向かって、また少しづつ舞台にお伺いさせていただく日が増えてきます。
楽しみな日々です。

先日、ホームページをプチリニューアルしました。
その中で「プログラム制作」を新しく始めましたので
ご紹介をさせてください。

プログラムの顔写真撮影にお伺いした際に、リハーサル風景を見学撮影をさせていただく機会が多々あります。
お教室の広報用であったりインスタグラムに、とのことであったり。
私もリハーサルを見学できるのはとてもありがたいことですので
スタジオの隅っこでお邪魔にならないように、写真を撮り見学をさせていただいてます。

昨年、そのリハーサルで撮影をした写真をプログラムにたくさん使っていただき
そのプログラムの仕上がりが本当に素敵で、今でも大事にしまってあります。
1冊のアルバムのような仕上がりで、手書きのイラストや前回の発表会のお写真など。とても温かみのある1冊に仕上がっていました。

お教室で生徒さんが一生懸命に練習をされている姿の写真をプログラムの一コマとして掲載をしていただけるのは、撮影をしたこちらも嬉しいことで
こんな1冊が作れたらいいな、という思いで「プログラム制作」を始めることにしました。

⑥「チュチュ」(三つ折りタイプにも対応可)

手書きのような、温かみのあるイラストを表紙にデザインしてくれたのは
いつもサブカメラマンとしてサポートをしてくれている女性です。
彼女はデザインの勉強をされた後に写真を学び、まだ若いのですがカメラマンとしてのキャリアは長いのです。
試行錯誤しながら、いろいろなパターンを作ってくれていますので
プログラム制作のページも。よかったらご覧ください。

http://studiohygge.net/program2/

顔写真撮影やリハーサル撮影は、発表会の撮影をご依頼いただきましたお教室様にはお代は頂かずにお伺いをさせていただいております。
(20名以下のお教室様や遠方の方はご相談ください)
撮影と合わせて、プログラム制作の方もご相談いただけますと嬉しいです。

写真も素材も、想いのあるものを残してきたいと思います。
まして、このコロナで世の中は大変ですから
想いを大切にしていこうと、改めて考えます。
みんなが一生懸命に生きている日々だから。