お打ち合わせの帰り、「日比谷花壇」を覗いてきました。

暑くなると花を活けてもすぐに腐って枯れてしまうので
(近所のおばさんに「キッチンハイターを入れるといい!」と教わりました☆
ずいぶんと長持ちするようです)

最近は、「雑草」と呼ばれる道端のものを引っこ抜いて活けています。
雑草もかわいいビンに活けるとなかなか素敵に見えてきます。
「雑草」と呼んではいけないかな。

そう、その「日比谷花壇」で見た「かすみ草」が!
ぼたん雪のように花が大きくて、欲しくて欲しくてずーっと眺めていました。
黒板に「七夕に かすみ草を」と書かれていました。
かすみ草の束に水色に着色されたカーネーションが一緒になっていたり
かすみ草まるまるを水色に着色して、ずいぶんと涼しげにしていたり。
「七夕にかすみ草飾るんだっけ?」と思いながらお店の中をぐるぐるぐるぐると回って悩んでいました。
どうやら「天の川」に見立てているようで、確かにその大きなぼたん雪は「星?」なのかしら。
しかし、本当に大きなかすみ草で!
悩んで悩んで、300円ショップで紙コップを買ってしょんぼり帰宅しました。
(明日からのお天気を考えると、やっぱりキッチンハイターを入れてもすぐにダメになってしまいそうだもの)

 

7月7日は「七夕」であって、「かすみ草」の日でもあるそうです。
先日の撮影で、劇場のホールに七夕飾りが飾ってありました。

(私も「スパイダーマンに会ってみたい」と一瞬思いましたが
「いやいや。そうでもないな。」と気づきました。)

こんなところで季節を感じさせてもらえてありがとうです。
外はカンカン照りの暑いお昼に、なんとも涼しげな七夕飾り。

ロビーにはたくさんのお祝いのお花たち。
「お祝いのお花」は本当に豪華!
あまり見たことのない、自分では到底買うことのない立派なお花たち。
頑張って作り上げたステージのお祝いですから!

今日は、あのぼたん雪のようなかすみ草を思い出して空を眺めてみようかな。