こんなにサテンが艶めいていて、淡いピンクで可愛いのに。
「あ〜もうダメかな」と思って、新しいシューズを用意するのが日課になっている。溜まっていく「履き潰してしまったシューズ」を見るたび
「もったいないなあ。。」と思い、そ〜っと処分をするのです。

サテンリボンは再利用しますが、ゴムも行けるかな、と思うのですが。
シューズ本体はどうにもできなくて、本当に悲しい。
一生懸命に足を支えてくれてきたのに。

「ポワントは消耗品だから。。」とそう耳にすると
確かにそうかもしれないけれど、安いものではないし
何よりもしっかりとした作りで、美しく出来上がっている。
それを「ポイ」とすることはなかなかできない。
履き続けているから汗もしみて、綺麗なものではないけれど。

世の中で「SDGS」が謳われ、毎日何かの再利用や自然から作られた新しい素材や。そんなニュースを目にしているのに、反面日々の生活では
こうして「行き場のない、まだ何かに使えるんじゃないかな」と思うものが
あふれている現実。
私には少し縁遠い世界のことだけれども、頭の片隅に
少し考えていかなくてはいけない。