気持ちの晴れないニュースが続いています。
なるべく心が元気でいられるように、忙しく「今できること」を探して動いています。

そんな中でも発表会を撮影させていただく機会をいただき
そういう日常に今は「ありがたいなあ」としみじみ感じるのです。
当たり前のことが当たり前でなくなってしまっていますから。
いつも通りの日常が、どれだけありがたいものが痛感します。

すきま時間に「マスク作り」をしています。
ミシンがないので手縫いで作っていますが、手作りの布マスクはとても気持ちのいい肌触りです。
周りの友人たちもだんだんと「マスクのストックがなくなってきた」と話しています。
手作り感満載で、ちょっとかわいい柄のマスクですが
そんな時に分けてあげられるように、せっせと時間を見つけてマスク作りです。
(この勢いでバレエの衣装作りもやってみたいわ!と小さな楽しみを膨らませたり。。)

スタジオがお休みになって運動不足の方も増えていると思います。
お世話になっている先生は、毎日バーレッスンの動画をアップしてオンラインでレッスンをされているそうです。
素晴らしいなあ、と思います。

仕事に行き詰まると、ザクザクと近くの河原を歩きます。
日曜日に見ていただくバリエーションの曲を歌いながら、歩きながら、上半身だけ曲に合わせて動かしたり。
ザクザク歩いていたら、足元を見ると「つくし」がたっくさんびっしりと生えていました。
つくしには「世の中」の動きはさほど関係なく
「春になったから出てみたよ!」という感じで、かわいらしく整列していました。
小学生のころ、春は父とつくしを採りに行き、はかまを取って煮物にしてもらいました。
いつからか、そんなことをしなくなってしまったのは本当に残念なことだな、と。
次のザクザク散歩はビニール袋を持って、つくしを取ってこようと思います。

レッスンに行くと、中学生高校生の子たちが学校がお休みですから
みんな勢ぞろいしてレッスンに参加をしています。
「スタジオが空いている、変わらずバレエができる」というこの環境。
先生には感謝しかありません。本当に心身ともに救っていただいている日々です。
みんなでレッスンを受けて(できるできないは別としまして。。)
年齢は関係なくおしゃべりを楽しんで、この時間が本当に嬉しい、と感じます。

こういう環境ですから、家族との関わりも大事にしてます。
会話をして思いやって助け合って。
これも今まで少しおろそかにしていたかもしれません。
家族の存在、これ以上に大切なものはないなあ、と改めて感じます。
家族が元気で笑っていてくれればそれだけでいいんだな、とそう願います。


お世話になってますお教室の先生方。
手作りマスクでよければ、お分けできますので
ご連絡ください。
たくさんはできないのですが、今使う分くらいはお送りできますので。

引き続き「今できること」を考えて
心強く過ごしていきたいと思います。