自分の生活にも周囲の環境にも色々な影響が出てきました。
昨日はお客さまは入れずに、親御さんのみ、という形での発表会。
とにかく練習をしてきたから、この発表会を最後に卒業をしてしまう子もいるから。と。
先生方もとても悩まれたそうです。
幸い、劇場が閉館せず通常通りに使われていたので、とにかく注意をしながらの発表会開催でした。

撮影をさせていただき、今年で3回目になります。
バレエ以外にもフラダンスやジャズダンス、歌や楽器演奏など。
様々な「才能」を発揮する発表会です。
ジャンルごとに入念にリハーサルをし、そのまま本番に入ります。
例年とは流れは違いますが、毎年のようにそのジャンルジャンルで
とても楽しい、そして本当に可愛らしい舞台を見せてくれます。

まっすぐなこどもたちには、お客様がいないことはさほど重要なことではないようでした。
こどもたちの頭にあることは「今やることを一生懸命やる」という。
そのことだけのようでした。

この場所で回る、ここでジャンプをする、ここでお辞儀をする。
小さな体と頭に課せられたたくさんの課題を、一生懸命ちゃんとやる!という、それだけのようです。
練習から笑顔で練習をしたのだと思います。
客席にはお母さんもお父さんもいますし、かわいい衣装も着てますし。
きっとそれだけで、十分なのだと思いました。
なんてまっすぐで純粋で美しいんだろうか、と
今の世の中の流れに少し疲れてしまっている心に、ずん、と沁みます。

「今、できることをやる」
それだけで十分なんだ、とこどもたちの姿を見て感じました。

友人の会社さんが、スタッフ一同で布マスクを作り始めました。
まさに、今できること、だと思い。
でもその「今できること」に気づき行動にうつせること。
そのことに心から感動しました。
「今、世の中のために何ができるだろうか?」と、考えたのだそうです。
自分のことを考えたのではなく、人のため、と考えたとだと。


「きれいに走って戻るよー!」と先生に言われました。
お辞儀までちゃんとできましたので
急いで戻ってお友達とバトンタッチです。
がんばれがんばれ!

延期や中止の判断をされたお教室さまのためにも
悩みながら発表会の開催を決められたお教室さまのためにも。
いつも以上に責任を持ってきっちりと写真を撮ること。
美しく仕上げてお届けすること。
いま、できることを考えて
しっかり動いていこうと思います。