今日は「2月27日」で、昨日は「2月26日」。
「226事件」がどういう事件だったか、詳しくわからないのだけど
「2月26日に生まれたんだけど、226事件があったから2月27日が誕生日になっちゃったの」と。
昔、本当にお世話になった「世界一小さな美術館」の館長さんの誕生日が、2月27日の今日だ!と毎年思い出します。

もう20年近く前に出会って、作品を置かせていただいたりお手伝いをさせていただいたり。
何年か離れてしまった期間があったのだけれど、数年前に奥様の副館長が大病をされたことを知って
ご自宅にお見舞いに伺い、久しぶりの再会をしました。
昨秋、展覧会にお邪魔をすると、館長は決まっていつも
「早く会いに来てくれないと僕死んじゃって会えなくなっちゃうかもしれない」と必ず言ってくれるのです。
今日は、その「226事件の翌日のお誕生日」ですから、お電話をしておめでとうを伝え、
「忙しいのがあと少しだから、暖かくなったら会いに行きますね」と話すと、やはりいつも通り
「早くしてくれないと会えなくなっちゃうよ」と、まじめに言ってくれるのです。
そんな昔から変わらない暖かなやりとりが、本当に大切な時間です。

今週末は新潟のお教室の発表会の撮影に伺います。
昨年、初めてお伺いさせていただいたときは大雪でどうなることかと思い
不安を抱えながら、やっとの思いで新潟の劇場にたどりつきました。
リハーサルまでの時間を、館内の温かい喫茶店で真っ白の雪景色を見ながら「どこに来てしまったんだろう?」なんて思って過ごしました。

リハが終わって集合写真の時、初舞台のミニーちゃんはお昼寝に入ってしまい。
もうどうにも。残念だけどこそばいくらいに可愛くて、先生と顔を見合わせ「集合写真はまた来年に」なんて微笑みあったのも懐かしい想い出。
(しかし、今年はミニーちゃんは一つ先輩になり、初舞台を踏む後輩ができたとか!笑。心配!)
今年も変わることなく伺えるのは、当たり前のようなことに思ってしまいがちですが、
きっとまたかけがえのない時間を過ごさせていただけるのだと思います。楽しミニーに、お伺いしたいと思います。

我が家の猫が、先月20歳を迎えました。認知症はひどくなってきましたが、生きよう!と毎日一生懸命に食べてます。
いくらなんでも、もうそんなに長くは一緒にいられないから。なるべく同じ時間を過ごし、撫で抱っこして一緒に写真も撮りました。
家族もそう。日常を当たり前と流してしまわないように、
小さくてもかけがえのない想い出の時間を作って行きたいですね。

実は、アイシングクッキー認定講座を受けており、本日、晴れて認定講師として卒業をしました。
踊っているところやかわいらしいチュチュを、クッキーにしてプレゼントできたら! とうっかり始めてしまったのですが。
昨冬、ピンクの衣装を着て海賊を躍られた先生のは1シーンをクッキーに! と思いながらも、卒業をすることで精一杯!ギリギリセーフでした。
「卒業おめでとう㊗️」と、先生にいただいたお花とクマさんのクッキーも。
教わった時間も、やっぱりかけがえないものでした。いつか形にしてご紹介できれば、と思います。

たくさんの技術を教わったのに、最終的にはほぼ自己流でやってしまった卒業制作。
忙しくても、「やりきった」ということに。今回は花丸です🌸

14351E05-AFE6-4C0D-98A0-3F8044C75E12